北海道精神障害者スポーツサポーターズクラブについて
About

北海道精神障害者スポーツサポーターズクラブとは

北海道精神障害者スポーツサポーターズクラブは、スポーツ権(全ての人が有するスポーツをする権利)を具現化し、精神障害者スポーツの普及・推進を目的として2012年1月1日に設立されました。当初は熱意あるサポーター会員(健常者)によって運営されていましたが、2018年10月1日からは健常者╱障害者の枠を取り払い、みんなで支えるクラブとしてリニューアル致しました。障害の有無に関係なく、同じ志をもつ仲間たちがともに活動しています。

理念

スポーツを通じて「メンタルの不調・心の病気・精神障害」に対する抵抗感や先入観を無くし、一人一人が個人として尊重される社会づくりに貢献すること。

ビジョン

  1. 精神障害のある方々が誰とも分け隔てられることなく、やりがいをもってスポーツに取り組める環境をつくる
  2. 地域や立場を越えた人と人とのつながりを広げ、お互いに支え合えるコミュニティを構築する
  3. 参加する人の人生にとってプラスになり、自分の経験を困っている誰かのために生かせる人材を育成する